商品カテゴリ

    現在のカゴの中

    合計数量:0

    商品金額:0円

    カゴの中を見る

    華のお江戸の快男児 月光・星空・恋頭巾 恋頭巾ドットコム

    第1部
    目次

    あとがき


    第2部
    目次

    最も戸惑ったのは何と「洋式便器」だったのです

    こういうたぐいのお話は普通のホームページに載せたらひんしゅくを買うと思いますが、私の娯楽時代劇のホームページならばかな話になれた読者の皆さんは寛大な心で、あきれたり、笑ったりして軽く流してくれると思い載せることにしました。

    この話は徳川家康公、ご本人から500年、1000年昔の人々の生活状況。
    などを思いだしながら、書いていただいた貴重なお話です。
    どうぞ、じっくりご覧ください。

    時代劇映画や歴史の書物などでは一切ふれられていませんが、今から500年、1000年昔は各家にトイレなどなく、屋外の畑や野原などに穴を掘り、そこで用をたしていたのです。
    灯りなどほとんどない時代、夜真っ暗闇の中、その屋外共同トイレで用をたそうとその穴に近づき誤ってその穴に落ち、人間の糞(ふん)にまみれ想像を絶するような臭さの中で、この世を去ったお気の毒な人々も結構いたのです。

    これもまた時代劇映画や歴史の書物などでは一切ふれられていませんが、実は1600年におきたかの有名な天下分け目の戦い「関ヶ原の戦い」でもこの屋外トイレであるその無数の穴に両軍のかなりの兵隊や馬が落ち、人間の糞(ふん)にまみれ想像を絶するような悪臭の中で無念の不名誉な糞死(ふんし)による憤死(ふんし)と相成ったのでした。
    今から考えれば信じられないようなことですが、これが紛れもない真実だったのです。

    こんな楽しくも悲しい生活をしていた500年、1000年昔の人たちが大した予備知識もなく、突然21世紀の科学文明の世の中に舞い戻ってきたのですから、色々な事に戸惑うのは当然のことだったのです。
    その中でも最も戸惑ったのが、何と「洋式トイレ、洋式便器」だったのです。

    500年ぶりに人間の世の中に舞い戻り、色々戸惑う生活の中で洋式トイレ、洋式便器なるものと出会い、これが最新型21世紀の用をたす便器だということはわかったのですが、500歳を過ぎたじじいにはいかんせん使い方がよくわかりません。
    我々のような大昔の人間でも便器に前向きにしゃがんで用をたすというやり方は知っていましたが、後向きに座って用をたすというやり方は全然知らなかったのです。
    ですから、洋式便器の上に両足で立って前向きにしゃがんで用をたしたり洋式便器に前向きに跨って用をたしたのです。
    ですがやってみると、どうもうまく力を入れたり、踏ん張ったりできません。
    どうもしっくりこないのです。そして私の心は次第に憂鬱な気分になっていったのです。
    「本当に21世紀の世の中というところは使いづらい便器ばかりあるところだな、これで文明社会と言えるか」と次第に私は怒りと苛立ちをおぼえてきたのです。
    そして、さらに私の憂鬱な気分に追い撃ちをかけるようなショッキングな出来事が起きたのです。
    ある日、公園のベンチで座っていると10cm以上のハイヒールを履いた素敵な女性がトイレに入り、用をたしすました顔で帰っていったのです。
    「今の東京の女性は10cm以上のハイヒールを履いたまま、洋式便器の上に両足で立って前向きにしゃがんで用をたしたのだ。
    東京の女性はサーカス譲や体操の選手のような凄い運動神経の持ち主なんだなぁ。便器の上にハイヒールを履いたまま立って、バク転でもやったのかな?
    便器の上でハイヒールを履いたままバク転をして見事に着地するなんて凄いなぁ。
    それにひきかえ俺はかかとのない草履やサンダルを履いてさえもまともに用をたせないのだ、ほとほと自分が情けなくなってきた。」
    私は洋式便器恐怖症、洋式便器パニックに陥ってしまったのです。
    そして、しまいには困った、熊ったと頭を抱えこんでしまったのです。

    すいません、せっかくおいしいお食事をお召し上がりの皆さんの前でこんな品位のない、くさい話をして。
    くさくて我慢できない人はパソコンの画面に消臭剤をふきつけてお食事にはおいしいドレッシングをふりかけるかして続きの68のお話をお読み下さい。