商品カテゴリ

    現在のカゴの中

    合計数量:0

    商品金額:0円

    カゴの中を見る

    華のお江戸の快男児 月光・星空・恋頭巾 恋頭巾ドットコム

    第1部
    目次

    あとがき


    第2部
    目次

    日本最初のプロレス女王第1号となる

    相撲の指導と称して、男を相手にぶつかりけいこの胸をだし
    剣を使わない格闘技にも自信をもった月姫と星姫はまだ日本には知られていない
    格闘技であった女子プロレスに興味をもち、どうしてもプロレスラーになりたいと思うように
    なったのです。遠い未来の格闘技を先取りしてファイトすることの大好きな彼女らは
    さっそく準備とトレーニングにとりかかったのです。

    体力、腕力、運動神経には絶対の自信があったうえ、ルックス、スタイルにも自信があり
    レオタード、リングシューズをはき、髪には赤のリボンをつけ、ストロングでスピーディなファイトを
    すれば相手を倒せるのはもちろん、見に来たリングサイド変態気味な親父たち、じじいたち
    の脳みそもノック・アウトできると、まさに悪ふざけ女王は自信満々だったのです。

    リングは土俵の回りに丸くロープを張り、円形のリングをつくり
    コーナーも青コーナー、赤コーナーではなく、東コーナー、西コーナーとし、天井には
    月星剣学博士が考案した、当時の科学技術としては画期的な
    月と星がきらめくプラネタリウムが設置され、彼女たちらしいムードを一層ひきたたせたのです。
    そして名称も月姫・星姫・レスリング・ホールと名づけたのです。

    タレント性にも秀でていた彼女らは、かつてビューティ・ペアなどが歌を歌ったように
    試合前に歌と踊りを披露し疲労したのです。

    試合は江戸じゅうから選ばれた体力、腕力に自信のあるお姉ちゃんたちの戦い
    だったのですが、いかんせん強さが桁違いであっというまに相手を打ち負かしたのでした。
    そして次第に、相手の女子レスラー3人と戦うというような試合というより
    アトラクション的な戦いとなっていったのです。
    こんな状態にいつしか物足りなさを感じ始め、欲求不満となり
    次第に彼女よりももっと強い変態男と戦いたいと思うようになっていったのでした。
    彼女らは変態男たちをからかい、楽しみながらも
    実は彼女らも変態女だったのかも知れません。

    世の中よくしたものです。やっぱりと言うか、予想通りと言うか
    リング下にはうらやましそうな顔をして、よだれをたらし
    彼女らと戦いたくてウズウズしていた変態気味の困った、熊った見物人の男たちが
    いっぱいいたのです。

    ある日のことです、月姫と星姫はリング上から見物人に向かって
    次のように語りかけたのです。
    「これから私たちが話すことは、江戸・女子・プロレス協会から許可をえたことですが
    私たちはこれからはもっと強い、女性をしびれさせるような男性の方と戦いたいのです。
    多少変態気味でもかまいません、御希望の方は申し出て下さい。私たちは大歓迎です」
    この瞬間、会場は大パニックとなり、戦いたい変態男たちがリング下に殺到したのです。
    あまりにも多くの男たちが殺到し、収拾がつかなくなり
    困り、熊りはてた協会の会長が次のように語ったのです。
    「これだけ多くの希望者がいたら、戦う相手を決められません。
    そこで、これはまったく身勝手なお願いなのですが
    この中にファイトマネーなしでも戦いたいという人がいたら、その人だけここに残って下さい。
    それ以外の人はお下下さい」
    すると、なんと全員がファイトマネーなしでも戦いたいと言い張って
    一人も立ち去らないのです。
    会長はやむなく、さらに次のように語ったのです。
    「後日、予選会をやりますから希望者は来て下さい
    希望者同志で戦って、5人勝ち抜いた者だけ順次
    月姫、星姫と戦うことを許可します。
    念の為に言っておきますが、彼女らはめちゃめちゃ可愛いですが、めちゃめちゃ強いですよ
    変態技をかけて怒らせたら、悪役になってめちゃめちゃ恐ろしいですよ いいですか」

    こうしてすったもんだの末、ようやく戦う男性レスラーが決ったのです。

    試合開始が近かずくと、彼女らはかっこいいコスチュームに身をつつみ
    かっこいいテーマ・ソングにのって、熱狂する超満員の大観衆の大声援をあびながら
    入場したのです。

    男性レスラーを相手にしても、彼女らの強さは桁違いでした。
    ゴングがなり、試合が始ると、彼女らはさっそく男性レスラー相手に
    ストロング・ファイト、ストロング技で攻めたて、相手につけいるすきをまったく与えませんでした。
    パンチあり、タックルあり、足げりあり、ドロップ・キックあり、バック・ドロップあり、
    ブレーン・バスターあり、ニードロップありと、
    かって史上最強の男と言われた、不世出のレスラー、鉄人・ルー・テーズ並みの
    強烈なドロップ・キックとバック・ドロップを連発したのです。

    男子プロレス顔負けのストロング・ファイトの連続で、連戦・連勝
    一撃のもとに男性レスラーをマットに沈めたのでした。
    男性レスラーとの対戦でも連戦・連勝の彼女らは当然のことですが
    江戸・女子プロレス協会・公認のはえある初代・オール銀河・千年女王・シングル&タッグの
    チャンピオンとなったのです。

    チャンピオンになっても、彼女らは強さだけでなく、茶目っ気と悪ふざけの精神は
    あいかわらずでした。ある日、彼女らは未来テレビのプロレスリング中継を見ながら
    覆面レスラー、ミル・マスカラスのかっこいいドロップ・キックを目のあたりにして
    そのかっこよさにしびれ「私たちもマスカラスのように月星頭巾のマスクをかぶって
    ドロップ・キックをしたい、したい、したい、どうしてしちゃいけないの、どうして、どうして、どうして」と
    だだをこね始めたのです。すぐさま江戸・女子プロレス協会の会長(もちろん男性)のところに
    直談判に行き、お色気たっぷりのウィンクとキスぜめをあびせまくり、無理矢理、承諾させたのです。
    そして「月星乙女頭巾」というリング・ネームを名のって、マスクをかぶって、喜び勇んで
    かっこよくドロップ・キックを連発したのです。彼女らの喜びもひとしおだったに違いありません。

    彼女らは「日本最初の女性・覆面レスラー・第1号」といわれています。

    無敵のチャンピオンとして君臨し、大人気をえ
    そのナイス・バディを赤のレオタードでつつんでいたその勇姿は
    まさに「絵にも描けない美しさ、かっこよさ」レベルの絶品だったのです。

    今から50年以上前の東京オリンピックの時、チェコの女子体操選手だったベラ・チャスラフスは
    その演技の美しさ、すごさから「東京オリンピックの華」「東京の恋人」といわれました。
    それと同じように、彼女らも美しさ、強さから「女子プロレスの華」「江戸・幕末の恋人」
    だったのです。

    中にはリング越しにチップと称して5,000円札(今の5,000円と違って月星姉妹の似顔絵
    が描かれていた)を手渡すファンもいました。そういう時は彼女らは
    「御声援と5,000円、ダブルでありがとう」と乙女ギャグも交えて、ウィンクを返したのでした。

    彼女らのファイト・マネーは当時の金額で二百両
    一両を現在の45,000円として計算すると約900万円
    まさに華のお江戸のプリティー・ストロング・ヒロインだったのです。

    あこがれの彼女たちと戦う変態気味の男性レスラーの中には
    おかしな病気でただ苦しみながら死ぬのより、大好きな彼女らの強烈なドロップ・キックの
    攻撃をうけて、甘く、切ない、心地よい激痛を味わいながらロマンチックに死にたいと
    本気で願って戦った困った、熊った、親父たちもけっこういたのです。
    20代前半の、可愛い、スタイル抜群の彼女らが、赤のレオタードとリング・シューズを身につけて
    髪には赤のリボンをつけて、ミサイル並みの強烈なドロップ・キックを連発して攻めてくる
    のですから、やられる男性レスラーも激痛は走りますが、その心地よさ、うれしさ、満足感と
    いったら、この上ないものだったのです「愛して、愛して、愛しちゃったのよ病」を味わいながら
    「神様、仏様、大好きな月姫・星姫様」と絶叫しながら、息絶えるのです。

    そして、彼らの遺言に従って戒名には必ず月と星の字を入れ、月姫と星姫には
    きゅうきょ尼さんになってもらい、月と星の名の入ったロマンチックな恋歌ふうのお経をよんでもらい
    納骨の時は、お墓の中に彼女らのプロマイドとサイン色紙も一緒に入れて納めるのです。
    それらの葬儀の一部始終を見続けた未亡人の心中はさぞ複雑なものだったに
    違いありません「あ々、私がもっと早く、夫がこんな変な願望をもっていると知っていたら
    猛練習をして女子プロレスラーになって、強烈なドロップ・キックを放って、気持よく
    死なせてあげれたのに、夫には本当に申し訳なく思っています。
    もし、今後再婚でもするようなことがあってら、老体にムチうってでも猛練習をして
    女子プロレスラーになって、必ず夫にそうしてあげます。それが娯楽時代劇的ジョークを貴ぶ
    妻のつとめだと思っています」と涙ながらに語るのでした。

    月姫と星姫は女性ながらも、男まさりの強じんな体力、腕力、運動神経を駆使して
    剣術、相撲、レスリングを通じて、江戸のアブノーマルな男たちを痛めつけ、打ち負かしてきたのですが
    それでも彼らはこれほど痛いめにあっても、怒るどころか、あこがれの大好きな彼女らと
    お近づきになれたことを泣いて喜んだのですから、世の中よくできたものです
    彼女らも女冥利につきるというものだったはずです。

    月姫と星姫はその美貌、ナイスバディ、強じんな体力、悪ふざけの趣味…を駆使して
    江戸の親父たち、じじいたちを狂わせ、夢中にさせた「愛して、愛して、愛しちゃったのよ病」をはやらせた
    日本歴史上、最強の親父殺し、じじい殺しの女王様だったのです。
    まさに華の江戸の「プリティー・ストロング・江戸小町」であり、又
    「江戸・幕末の恋人」だったのです。